ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > WEB in 1面記事 > 福山駅南口新たな「顔」誕生
WEB in 1面記事

特集・読み物


2014.4.4

福山駅南口新たな「顔」誕生

福山駅南口新たな「顔」誕生

 先月28日、JR福山駅南口コンコース全面供用開始。「さんすて福山」増床オープン。福山の玄関口が生まれ変わり、人気店には早速行列ができている。


 先月28日、山陽SC開発は、福山駅に「サンステーションテラス福山」(愛称:さんすて福山)を増床オープン。JR西日本岡山支社は南口コンコースの全面供用を開始し、昨年6月に着工した南口の改修工事が完了した。
 「さんすて」は、高架下改修部分が850㎡で8店舗、新設した2階建て1050㎡には4店舗が入り、従来とあわせて1万8800㎡105店舗となっている。
 新店舗には、中四国初出店の「サマンサ&シュエット ギャラリー」(=下記事)や、広島県初出店のスイーツショップ「GOHOBI」があり、福山産の食用ばらを使ったフルーツコラーゲンゼリーも限定販売している。他にも、週末25時まで営業する「ジェイカフェ」が福山初出店。これらに、地元の名店「御菓子所 勉強堂」や「パティスリー・ドルセ」も立地を考慮した品揃えで出店した。笹野俊光さんすて福山支店長は「駅全体の魅力向上、中心市街地活性化の一助になれば」と語っている。


▲シュークリームのカスタードを店頭で作る様子が、ガラス越しに見える


▲扉を開けトレーへ。石窯パンも並ぶ


▲フルーツコラーゲンゼリーには広島限定品も

 

福山出身社長から発信
世界のサマンサタバサ “まち”を盛り上げる

 「サマンサ&シュエット ギャラリー」が中四国初オープン。多くの女性から絶大な支持を受ける「サマンサタバサ」がプロデュースする初の低価格ブランド「サマンサ&シュエット」を中心にバッグや靴、ゴルフ用品、ギフト、スイーツまで幅広く並ぶ。
 「さんすて福山」の増床部分、南東のまさに玄関口1階に、2テナント分の広さで展開し、ピンクの卓球台も据えた。福山市との連携で、コーヒーを提供し、代金全額(100円)を、子ども発達支援センターに寄付する取り組みも行なう。
 この会社の社長は、福山市港町出身の寺田和正さん(48歳)=写真左。故郷初出店は「20周年、世界進出ブランド創出、さんすて増床と3つの運と縁で実現した」と語る。高校まで過ごした福山は「まちへ出よう=駅前に行こうだった」と振り返り、「駅前から常に新しい情報を発信し、故郷のまちを活性化していくお手伝いができれば。また福山〝発〟のブランドが世界で闘おうとしていると共感してもらえたら嬉しい」と話している。
 先月29日はサマンサミューズ・蛯原友里さんが来店し賑わい、壁にはサインも残した。


Winter illumination 2017
バスツアーのご案内