ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 異業種リレーの『わ』 > 異業種リレーの『わ』No.468 リンパケアサロン 花の香 代表 相方 公子さん
異業種リレーの『わ』

特集・読み物


2014.4.4

異業種リレーの『わ』No.468 リンパケアサロン 花の香 代表 相方 公子さん


今回は、「キッチンランド」取締役店長、藤原 洋子さんのご紹介により、「リンパケアサロン 花の香(福山市東深津町7丁目1-14 TEL084-921-6014)」代表、相方 公子さんに登場願いました。

 

福山発!自然界の原理、原則に法り
笑顔と健康のお手伝いを!!

…全てを楽しみたい
 岡山市で生まれ育ちました。どちらかというとおとなしい性格でしたね。学校の先生をしていた伯母が母や親戚みんなの憧れの人でした。私も伯母が大好きで将来は教員になりたいと言っていました。小学校に上がってすぐに伯母からオルガンをもらい習い始めました。3年生の時には夢にまで見た憧れのピアノを買ってもらいました。難しい曲に挑戦するのが楽しかったです。とにかく音楽は大好きでしたね。勉強も嫌いではありませんでしたが授業中も恥ずかしくて手が上げられない私でしたが、先生に「おとなしいけど芯がしっかりしているから」と誉められ学級委員長に推選されたのが嬉しかったのを今でもよく覚えています。先生の期待に応えたいと一所懸命でした。中学ではクラブは好きな音楽部に所属しました。でも、一番の思い出は受験ですね、伯母と同じ高校を目指し受験勉強もみっちりやり、当然合格できると思っていましたがまさかの不合格。先生や周りもびっくりでした。しかし、お陰で子どもには「決して諦めない最後まで気を抜かない強い意志を持つよう」教育が出来ました。結局、岡山のカトリックの女子高に入学しました。しばらくは引きずっていましたが、良い先生にめぐり会えたのと他校では体験できない心の教育授業が私に元気をくれました。クラブはテニス部と思ったのですが、先生に誘われコーラスと英会話部に入部しました。音楽と英語は好きだったので楽しい高校時代を過せました。進学は色々考え迷いましたが、幼稚園の先生になろうと決意。親から離れ寮生活も悪くないと大阪の短大の初頭教育学科に入学しました。大学では膨大なカリキュラムをこなすのに毎日大忙しでした。そんな中でもサークルはやりたかったテニスをやろうと入部。上手くはなれませんでしたが、楽しかったのと自分の中の目標がひとつクリアーできたのが収穫です。休みの日は散歩やお茶をしによく京都へ行きました。学業にサークルに私生活に充実した大学時代でした。

…新たな決意との出会い
 卒業後は私立のカトリックの幼稚園に就職できました。すぐに担任に抜擢。当初は仕事の多さに驚きました。毎日、準備に追われ寝る暇もありませんでしたね。子どもたちの能力や可能性に感動と学びの連続でした。最初に担任した子どもたちを卒園させる使命を果したのを期に退社、結婚しました。1年後に出産、そして4人の子育てを中心に約17年。その後、主人が会社を立ち上げ手伝うことにしました。業種が広告代理店で、経理と営業もやっていたのでいろんな方にご縁をいただき、忙しい中にも楽しく充実した毎日でした。私が主人の事業を手伝いたいと思ったのは子育て時代に素晴らしいセミナー、先生と出会えたからです。「ピンチはチャンス、乗り越えられない壁は自分の前に現れない、念ずれば花開く」そして、長く母から教授された茶道の「一期一会」「和敬清寂」が私の脳裏に甦ったからです。そして、最近話題のワード「おもてなし」(一方通行ではない、お客様と共に創る共創)は私のやりたい事業の核心です。そしてこの後の3年で体調を崩したのをきっかけに、全てが自然界の原理原則から成り立つことを知り、健康もそうであることを学びました。同時に創業と経営についても勉強。先生にも背中を推していただき独立開業を決意。2004年6月に「リンパケアサロン花の香」をオープンしました。仲間やお客様に支えられ今年10周年を迎えることが出来ます。今は、指導者や講師の仕事が中心でお手伝いをさせていただいております。これからは更に自然界の原理を取り入れた東洋と西洋のコラボ施術「経絡」をプラスし伝承。家庭から地域から福山から健康と笑顔のお手伝いをさせていただこうと決意を新たにいたしました。


海と山のアート回廊
バスツアーのご案内