ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 異業種リレーの『わ』 > 異業種リレーの『わ』No.459 (株)WIS 代表取締役 山根 雄二さん
異業種リレーの『わ』

特集・読み物


2014.1.9

異業種リレーの『わ』No.459 (株)WIS 代表取締役 山根 雄二さん


今回は、「Aquarium TOJO 広島『游遊』」代表、明賀 健太郎さんのご紹介により、「株式会社WIS(福山市手城町1-3-52 TEL.084-084-971-7116)」 代表取締役、山根 雄二さんに登場願いました。

 

ご縁を大切にインテリアを通じて価値感を
深堀りできるオンリーワン企業を目指します。

…人の笑顔を我喜びに
 庄原市(旧甲奴郡)で生まれ育ちました。長男で6歳上の姉がいます。自然いっぱいの中で自由奔放に育ちました。山の斜面や田んぼが遊び場でした。ものを作るのが好きで竹で弓を作ったり、冬に雪が積もるとそりを作って遊びました。小学校の時はプラモデルに夢中でした。勉強は工作と理科は大好きで、他の授業はよく教室を抜け出していましたね(笑)。家は兼業農家で病気がちの祖父が怪我をして長い間入院をしていたので家の手伝いは勿論、小さいころから牛乳配達や魚屋、鉄工所でアルバイトをして家計を助けていました。両親や祖母は仕事や看病に忙しく大変だった分、近所の人たちが親代わりで色んなことを教えてくれました。今思えば自然をはじめ周りの素晴らしい環境が今の私を育ててくれたと言っても過言ではありませんね。中学に上がってからはブームで全校の1/3が入部していた卓球部に入りました。教えてくれる先生がいなかったので見よう見まねで一所懸命に頑張りました。一番の思い出は運動会の組体操です。小柄だった私はメインイベントのピラミッドで最上段で立ち上がる役でした。本番の数日前にムカデに刺され毒で壊死した太ももを抉り取る手術を受けました。運動会まであと数日、私の代役はいません。「絶対に成功させる!」痛みをこらえ歯を喰いしばっての出場、腫れ上がった股に包帯をグルグル巻きにしてその上から体操のズボンを履いて望みました…「ビリッ」本番中パンパンのズボンは真っ二つに破れてしまいました。見事成功して責任を果たした充実感の中に恥ずかしい思いが入り混じった笑い話となりました。高校受験は専門色の強い工業系の難関校に挑戦、なんとか合格できました。高校の途中、仕事の関係で両親は福山へ引っ越しましたが福山近郊には同じような高校が無く、親から離れ下宿して通うことにしました。それくらい専門色の濃い学校でした。高校時代はクラスの委員長、私生活ではアルバイトと遊びが中心でした。バイト先はゴルフのキャディーやガソリンスタンドでした。頼まれると断れない性格でしたので、仲間や先生、バイト先からも頼りにされたことが喜びでした。

…ご縁を深めオンリーワンに
 卒業してからは先生の推薦もあり福山の大手製作会社に入社。プラントのオペレーターの仕事を任されました。ここで、私の苦手な机上教育を徹底的に学ばされ、ものづくりに欠かせない貴重な勉強ができました。でも大手であるがゆえにアイデアや案、想いが十分に発揮できないことも知りました。私は、独立を決意しました。しかし、石の上にも3年、1年は御礼奉公と小さい時から教えられていた私はここで4年間頑張らせていただきました。退社後はアルバイトをしながら自分の得意を活かせる天職をじっくりと探しました。そして今の住環境サービスに出会いました。知人の紹介でカーテン屋さんに歩合契約で入社、必死で頑張りました。右も左も判らない私にいろんな方がご縁をくださり、お陰で2年で社長の売上に近い売上になりました。後半の3年で仕入れや施工を学び、自分を追い込む事も含め、前の会社の方120人に独立しますと宣言し挨拶に回りました。そして、1984年2月3日本庄町に「やまね装備」をオープンさせていただきました。平成元年には幕山台に移転、平成12年に王子町に「ブルージュ」をオープン。2011年には東京に進出、昨年の6月に原宿にショールームをオープン。今日までお客様やメーカー様そして、お取引いただく業者様、スタッフのご縁に支えられ頑張って参りました。これからも、戴いたご縁を深め大切にし、インテリア商材の輸入・卸・開発の専門店として事前の期待を超えるご提案をさせていただき、なくては困ると言われるオンリーワン企業を目指し、邁進させていただきます。それが私の使命だと確信いたしております。


忘新年会特集2017~2018
バスツアーのご案内