今日はどこ行く?福山市最大級のお出かけイベント件数登録!!福山市のお出かけ・イベント情報検索

 ログイン


イベントガイド

魅惑の映画音楽を楽しもう

魅惑の映画音楽を楽しもう
今月のこの映画、この曲 第4章
by Garbo -ガルボ- 2010.7.23

「銀幕の妖精 オードリー・ヘプバーン」
曲名/シャレード より『メインタイトル』

 多くの映画音楽を作曲して、数多くのヒットを飛ばしていたヘンリー・マンシーニが亡くなったのは、1994年の6月14日でした。もう16年も経つのですね。マンシーニの訃報は、走行中のカーラジオで聞いたことを思い出しました。もう新曲を聴くことはできませんが、彼が残した名曲は、不滅ですね。
 「シャレード」は、1963年に公開されたサスペンス映画です。サスペンス映画というと、すぐに思い起こされるのは、あの大黒様のような巨体の天才監督アルフレッド・ヒッチコックです。ブロンド美女を登場させることが大好きなヒッチコックは、大スターが好きで、当然オードリー主演の映画も予定していたそうです。でも当時体調が優れなかったオードリーは、契約まで交わしながらこの映画を断り、残念にもオードリー主演のヒッチコック映画は幻と消えてしましました。でも、世の中はうまくしたもので、スタンリー・ドーネン監督のヒッチコック風作品「シャレード」で、オードリーのサスペンス演技を見ることができるのです。シャレードとは、「謎解き」の意味があるそうです。ダイハツ自動車の元祖リッターカーもそのような名前でしたね。
 共演は、ヒッチコック映画の常連だったケーリー・グラント。ダンディで美男でユーモアがあって素敵な俳優さんですね。この映画は、マンシーニの素晴らしい音楽が盛りだくさんなのですが、「メインタイトル」は、007風なスピード感溢れるもので、くるくる回るアニメーションに合わせて、ラテンパーカッションが鳴り始め、ティンパニーが印象的なリズムを打ちエレキギターのメロディに続いてダブルベースが出てきます!なんとかっこいい幕開けでしょうか! 「ティファニーで朝食を」のような美しいロマンティックなメロディもお手の物だったマンシーニですが、このようなジャズセッションの緊迫する音楽も得意でした。
 映画は冒頭、走る列車から死体が転がり落ちてきます。その死体の主が「謎」の主人公で、その妻がオードリーでした。仲間を出し抜いて大金を持ち逃げした夫が殺されましたが、出し抜かれた元仲間達は、妻が大金のありかを知っているはず。と思い込み妻を脅します。何も知らない妻は困り果てますが・・・味方だと信じた相手が実は敵で、命を狙われたり、二転三転のどんでん返しで、目が離せません。
 さあ大金はどこに隠されていたのでしょうか? 世界中に蒐集家のいるアイテム。何度探しても、誰が見ても見過ごしていた古い切手が、大金の元でした。
 皆様のご家庭にもとんでもないお宝が隠れているかもしれませんね。
オードリーと名曲との関係は、まだ続きます。


この記事をスマホで読むときは
QRコード
をバーコードリーダーで。
ブログを書いた人
Garbo(ガルボ)
 Viola(ヴィオラ)とPiano(ピアノ)のデュオ。2005年より「魅惑の映画音楽」シリーズのコンサートを企画、開催中。気軽に映画音楽に親しんで頂きたいとの思いから低料金の入場料でコンサートを行っている。  映画の話はキネマ旬報社「映画検定」2級の長沼靖子が担当。映画検定2級は映画監督や映画の専門職でも保持者は少ない難関の検定。長年培ってきた映画に対する知識を総動員し、書物でも本格的に調べているトークは定評がある。
ブログの記事

ママ力アップ特集

・景色のいいスポット紹介!超パノラマ特集

・ぷれこ体験レポーターインタビュー yanagi

・ぷれこ体験レポーターインタビュー さえぽん

・ぷれこWEBデザイナーインタビュー まっしゅ

・ぷれこアプリダウンロード

 
記事のバックナンバー
お店の過去記事
読み物更新順です
最新情報 人気記事ランキング
人気ランキング
  
携帯で読む
スマホで読もう!
QRコード
携帯でチェックする

折り込み広告