ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 連載エッセイ > 異業種リレーの『わ』 > 異業種リレーの『わ』No.454 みのる保険代表 田中稔
異業種リレーの『わ』

特集・読み物


2013.11.15

異業種リレーの『わ』No.454 みのる保険代表 田中稔


今回は、「STUSH」店長、土肥 暢倖さんのご紹介により、 「みのる保険(福山市引野町5226-9 TEL.084-945-5570)」 代表、田中 稔さんに登場願いました。。

 

何ごとも「一所懸命」になれば
素晴らしい出会いがある!


…徹底的にやれば何かが見える
 福山生まれの福山育ち、3人兄弟の末っ子です。歳が近いので幼少期は3人兄弟一緒に遊んでいました。二人の兄が活発な性格だったので私は兄たちの言うことをよく聞く、受身な性格の弟でしたね。サッカーをする時はゴールキーパー、キャッチボールの時にはキャッチャーと主役はいつも兄たちが当り前でしたね。また、2人の兄に比べ太っていた私はスポーツに関しては苦手意識がかなり強かったです。小学校の時も町内のソフトボールは顔を出す程度でした。そんな私は、学校が終わってからや休日は暇をもてあましていました。ある日、兄たちが塾に通い始めたのを見て自分も行きたいと言い出し、あれもこれもとやりたい科目が増え、週に5日も塾に行くようになっていました。特に勉強を頑張ろうと思った訳ではなかったのに、親には期待をされてしまい、中学は進学校を受験し入学しました。クラブは文科系の環境研究部に入りました。
 少し物足りなさを感じ、同じ部の仲の良い友人から「転部しよう」と誘われ、興味の無い陸上部に入りました。太っている私は「砲丸投げをやってみたら」と言われました。塾にしろ何にしろやると決めたら徹底的にやる私は通学を自転車にかえ、往復20㎞が良いトレーニングになり1年でめちゃくちゃ痩せてパワーや脚力もアップ、地区大会では常に上位になりました。県大会にも出場、3年の時はランク上の通信陸上にも出られるようになっていました。気がついたらスポーツが苦手な私はそこにはいませんでした。高校に上がってからは本格的に砲丸投げを頑張ろうと思いました。
 しかし、顧問の先生は筋トレや走り込みの指導は、バッチリやってくれますが、投擲(てき)に関してはあまり詳しくなかったので、本を読みながら自己流でのトレーニングの日々が続きました。昨日より1㎝でも距離が伸びないと今日の練習は終わらないと目標をたてました。放課後は日が暮れるまで頑張りました。加えて朝練と帰ってからの自主練も欠かしませんでした。2、3年生の時には県大会で優勝することが出来ました。「やってやれないことは無い、やらずにやれることも無い」を体で学びました。スポーツが大好きになった私は体育の教師になりたいと受験に挑戦しましたが、志望校に合格できず1年だけ浪人しようかとも思いましたが、就職することにしました。

…素晴らしい出会い
 知人の紹介で広島のパチンコ店のグループに就職しました。営業やホール、機械(台)の整備と色んな仕事を経験しました。素晴らしい上司や仲間に応援され支えてもらいました。厳しく大変なことでも目標を立てて頑張れば、楽しめるということを4年間で学びました。
 その後はスポーツ店や建設会社で働きながら自分の道を探し、29歳の時に母の紹介で保険の代理店をやってみないかと話をいただきました。説明会に参加、自分なりに保険屋を分析した結果、人の役に立てる仕事だと判断。研修生制度に申し込みました。この制度は3年間でノルマを達成しながら資格を取得するもので、研修のスタート時は60人いた同期も最後には10人足らずになっていました。ストレス三昧でしたがとにかく必死でしたね。今振り返れば母の紹介というプレッシャーが逆に良かったのだと思います。納得できる天職に出会えました。そして、2013年2月1日保険の総合代理店「みのる保険」を開業、スタートいたしました。皆様に支えていただき今日まで頑張ってくることができました。これからも「お客様のための保険、使える保険」をご提案する初心を忘れず、「みのる保険にしてよかった」といっていただける代理店を目指して頑張ります。保険のこと以外でも何でもご相談ください。