ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 医療相談 > こんにちは!矯正専門医です! > No.41 「矯正治療の実際」 左右の上顎小臼歯を2本抜歯した症例
こんにちは!矯正専門医です!

特集・読み物


2013.8.12

No.41 「矯正治療の実際」 左右の上顎小臼歯を2本抜歯した症例

「矯正治療の実際」左右の上顎小臼歯を2本抜歯した症例

デコボコの歯並びは、顎(あご)の大きさと歯の大きさの不調和により生じます。その場合、小臼歯という前歯から4本目の歯を抜歯して矯正する治療法があります。そうすることで調和のとれた歯並びとかみ合わせを得ることが出来るのです。今回は上顎小臼歯の2本を抜歯した矯正治療をご紹介します。
 初診時から治療終了時まで約2年の治療期間を要しますが、比較すると別人の歯のように綺麗に治りました。
歯は矯正力を加えることで確実に動いていきます。そのため、矯正医の確実な診断能力と高度な治療技術があれば、いかなる歯並びでも綺麗に治すことが可能です。
 写真の矯正器具は、セラミックブラケットにホワイトワイヤーを付けた審美性に優れた最新矯正装置です。笑うと金属がギラギラ目立つ昔の矯正のイメージとは全く違います。また他人から見えない裏側から行う矯正治療もございます。
 歯並びでお困りの方はお気軽にご相談ください。