ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 異業種リレーの『わ』 > 異業種リレーの『わ』No.432 hm design 代表 平地 緑さん(34)
異業種リレーの『わ』

特集・読み物


2013.4.4

異業種リレーの『わ』No.432 hm design 代表 平地 緑さん(34)


今回は、「通訳・翻訳・英会話 E-channel」」代表、栗原 朋子さんのご紹介により、 「hm design(福山市木之庄町1-4-18-301 TEL.090-9303-7712) アートディレクター、グラフィックデザイナー、代表、平地 緑さんに登場願いました。

 

デザインを通じて「企業・街を元気に」する
お手伝いをさせていただきます。

 

…楽しくそして一所懸命

 2人の3人兄妹です。とてもおとなしい性格でしたが負けず嫌いで、よく兄とケンカをして泣かされていたそうです。近所だったという理由で絵の教室へ7年くらい通いました。小学校の時はバトミントンと家庭科部に入っていました。学校に一輪車があり、それを乗りこなしたくて明けても暮れても黙々と練習したのを今でもよく覚えています。中学は地元の進学校を受験、ブラスバンド部に入りトロンボーンを担当しました。中高一貫校だったので、6年間ブラスバンドとその仲間を中心に楽しく充実した学校生活を過しました。卒業が近づくと将来のことを考えるようになり、社会にはどんな仕事があるのだろうと、やりたいことを探している自分がいました。突然「デザイナーになろう」と思ったのです。その時はすっかり忘れていて、後でわかったのですが、小学生のときのタイムカプセルに「将来の夢はデザイナーになること」と書いていたのです。実は、子ども心に絵を習いながら純粋に決意していた潜在意識が甦った瞬間だったのです。急きょ、美術大学の受験勉強の開始です。学科はともかく実技です。厳しいけど素晴らしい先生のもと、泣きながらの絵の猛勉強が始まりました。もっともっと、まだまだと自分を追い込みますが、そう簡単に上達はしません。結局一浪しました。「才能が無いなぁ」と思っていた、2年目のある時「見える」デッサンの時に今までは見えなかった影や光、そして様々な色が見え始めたのです。「やった」一所懸命に頑張った甲斐ありました(涙)。

…キーワードはデザインを通じて
 東京の志望美大に合格し、大学では、友達に誘われてチアリーダー部に入りました。かねてから興味のあったカメラにも本格的にハマりました。アルバイトもし、オシャレな友人、知識の豊富な人、憧れの方、価値観や世界観の違う色んな仲間に刺激され、時には、「自分はなんて恵まれているのだろう」と気づかされ、親や周りに感謝もできました。心身ともに鍛えられた大学時代でした。就活については、開始がかなり遅かったので苦戦しましたが、何とか東京のデザインプロダクションに就職できました。まずアシスタントからスタートです。素晴らしい先輩や仲間にも恵まれました。最初の会社で5年、次の会社で2年、フリーになって1年、東京でトータル7年間、途中リーマンショックのあおりも受けましたが、アートディレクターの仕事やグラフィックデザイン、新聞、雑誌、書籍など出版物のデザイン、そして、デザイン会社の仕組みまで勉強できました。3年前の2010年に福山に戻り、「hm design」を立ち上げました。「福山ではデザインが必要とされていないのでは?」心が折れそうな時もありましたが、デザインを通じて、「街を元気にしたい」との想いに共鳴をいただき、色んな方にご縁をもらって活躍できる舞台が少しずつですが、増えてきました。2011年には、亡くなった祖父が営んでいた府中の昭和レトロ&モダンな呉服店を何か活用できないかと思い、地元で活躍する方々と話をする中で、現代人の癒しの要素がたくさん詰まったこの建物から府中の魅力を発信しようと決意しNPO法人・府中ノアンテナを設立しました。デザイン力がパンフレットやホームページなどの情報発信の役に立ちました。マスコミにも取り上げていただき、たくさんの方に支えられながら、今日まで頑張ることができました。これからもデザインを通じて、ものでは得られない、心の豊かさ、喜びや癒し、そして気づきを発信し「街を元気に」するお手伝いをさせていただきます。


Winter illumination 2017
バスツアーのご案内