ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > 連載エッセイ > みんな、みんな、仏さま > お話し63「発心(ほっしん)する」
みんな、みんな、仏さま

特集・読み物


2013.4.4

お話し63「発心(ほっしん)する」

 新年度を迎えて、皆さんも心機一転、気持ちも新たにいろいろなことがスタートしたことでしょう。私が先達を勤める四国八十八ヶ所の巡拝団も、春の穏やかな陽気に包まれて今年は十四周めのお参りに出かけております。四国遍路の札所は、徳島県から時計回りに四国四県を巡礼して香川県にて結願するものです。このうち徳島県を「発心の道場」、高知県を「修行の道場」、愛媛県を「菩提の道場」、香川県を「涅槃の道場」と呼び、その呼称は巡礼を進めるうちの精神的過程を示しているようにも受け止められます。
 先ず、発心するとは「よし、やるぞ!」と心に誓うことをいいます。何事も先ずはやる気にならなければ始まりません。目標が定まれば、これに向かって努力すれば良いだけなのです。物事をやる気になった時の意欲を忘れず、志を継続して成し遂げれば必ず目標に到達できるものです。発心すればその時点で物事の大半は成功に向かって進んでいるともいえるでしょう。新年度を迎えました。ここらで何か新しい目的を定めて「よし、やるぞ!」と気合を入れ直してみたら改めて発見できることがあるかもしれませんね。