ぷれこweb
ぷれこサイト内検索!
Loading

Prekoトップページ > WEB in 1面記事 > 展望の桜にお花見弁当
WEB in 1面記事

特集・読み物


2013.4.1

展望の桜にお花見弁当

 桜の花が山や街をピンク色に染め始めた今年、〝見通しの良さ〟を願って、市街地や瀬戸内海を展望できる場所でお花見しませんか?お昼ごはんを持ってのんびりできるスポットと、〝連れて〟いきたい、おすすめの品を紹介します。



 ↑山頂から市街地を
 ソメイヨシノや八重桜など600本がある名所・吉野山公園。山頂の神辺城趾に腰をおろして桜を眺めると、神辺平野が一望のもとに広がっている。本丸跡、二の丸跡と、歴史に思いを馳せながら桜をたどるのも◎。
 ふもとの駐車場が無くなり、神辺歴史民俗資料館のある付近と中腹の公園に、ごく限られたスペースがあるのみなので公共交通機関のご利用を! 夜桜の提灯は今年は点けない。



瀬戸内の絶景を
 箕島の頂上にある救世観音菩薩を囲むような桜の名所。福山港やJFEから芦田川までパノラマ絶景が広がっている。みろく大霊園を管理する救世 観音院では、4月7日(日)11時〜15時頃に「お花見会」を予定。花の下に自由に座れる畳を準備し、豚汁・ぜんざいで接待する。



 ↑散策中に垣間見る街並
 蔵王憩いの森からも見事な展望。地元やボランティアによる草刈り、植樹により整備されている。遊歩道もあり、花の間から福山市街を見下ろしながらの散策が楽しめる。



ため池百選の水面に映る
 2010年に、農林水産省から「全国ため池百選」に広島県で唯一選ばれた、駅家町の服部大池。ソメイヨシノの花影を映す水面は、満開の頃になると、風が渡るたびに、花びらを乗せた静かなさざ波が広がっていく。27日から、120個の花見ぼんぼりが灯り、夜桜も楽しむことができる。



醍醐桜ごしに松永湾を
 神村の山頂に広がる3.5万㎡の寺岡農場。その一画に開放されている「ふれあい広場」には、太閤千代しだれ桜がある。秀吉が愛でた京都伏見の醍醐寺の桜を組織培養により増殖し、平成18年苗木を植えたもの。これを、しだれ15本とソメイヨシノが囲む。今週末が見頃で、醍醐桜はやや遅れて来週末に満開予想。芝生広場の向こうに松永湾、尾道水道を遠望する。
 4月中旬に筍、6月にジャガイモ掘り、旬の野菜直売のお楽しみもある。花見の際は、道案内も兼ねて寺岡さん(☎090-3177-6981)にご一報を。



展望台も道中も、見ごたえ充分
 水呑町洗谷から鞆町後地まで、約14キロの「グリーンライン」沿いに約1千本の桜があり、桜のトンネルをくぐるように頭上を覆う枝や、木々の切れ間・桜の花びらの向こうに市街が広がるスポットもある。後山公園では、NPO法人グリーンラインを愛する会を中心に植樹も進み、来週末には300本が満開の予想。展望台に登れば、ぐるり360度見渡せる。ファミリーパークも必見。ふもとは既に咲き始め、今週末が見頃。


特選黒毛和牛ステーキがメインの豪華な弁当は、壱乃藏(東町☎084-926-6824)ならでは。この「春の満開弁当」(2880円)は、健康と安全を第一に考えたお誂えで、3月30日〜4月7日の期間限定。6個以上から受付け、2日前までに予約。11時~17時店頭渡し。会議や接待には、特選和牛すき焼き弁当や穴子蒲焼き重(各2500円)なども好評。


「ハード系のパンと野菜やハム、ジャムを持って、現地でサンドウィッチを」とすすめてくれるのは、昨年末オープンしたばかり、大久保阿満さん・遥さん夫妻が営む「トリゴ」(千田町☎084-961-1575)。2種の自家製酵母を使い、焼く直前にひく国産小麦、オーガニックライ麦の、格別な味と香りが広がる。
 中が、ふわっふわのカンパーニュ420円(ハーフ210円)などは、スライスも頼める。写真は、自家製ひよこ豆の焼カレーパン160円。バタール280円。オリーヴやベーコンなど4種のクアトロ160円など。予約も可。


広島県公認のお弁当第2弾「おしい!広島県のおいしい花見折詰弁当」(=写真左:2100円)が、日本料理 川長(光南町☎084-922-2486)から新発売。広島菜のおにぎりや鞆のちくわ、府中味噌田楽など地元ゆかりの美味しい食材も盛り込んだ。2日前までに予約。店頭渡し。配達は相談。他にも人気の夜桜弁当(=右:3150円)はじめ、1050円の幕の内から準備されている。






17日に竹ケ端運動公園などで行なわれた「ふくやまマラソン」で、7031人が力走。写真は674人が参加の男子3km。後方に河口堰。

WEB in 1面記事

◎この記事を書いたのは

地域情報紙ぷれすしーどの1面に掲載したなかからチョイスしたものを紹介します。